早朝にジムに行くメリット・デメリット【ジム歴3年が語る】

どうもこんにちは。ふっくーです。

ここ数週間は早朝にジムに通いつつ過ごしています。

今回は、そのメリットとデメリットを解説していきます。

この記事の内容
・早朝にジムに行くメリット
・早朝にジムに行くデメリット
・その他知っておくべきこと



なお、僕は早朝ジム歴は浅めですが、ジムには3年通ってます。その経験から話しますね。

早朝にジムに行くメリット

僕は以下を感じました。

  • 1日を生産的に過ごせる
  • マイナス思考が減る
  • ノイズが少ない
  • 健康的な朝食につながる
  • 小さな自信につながる



それぞれ説明しますね。

1日を生産的に過ごせる

朝にジムに行くと、すごく1日が生産的に過ごせます。

というのも目が覚めて、時間の無駄使いが減るからです。

僕も改めて感じるのですが、朝に運動をすると一気に眠気が飛びますね。そして頭も冴えた感じになります。

またジムに行くことで、朝ににダラダラしなくなります。

僕の場合、布団の中で2時間くらいスマホをいじってることが多かったのですが、その悪習慣が消せました。

おかげで、1日の生産性が上がってます。

  • ブログの記事を1時間半で書き終われる
  • 学校の課題がすぐ終わる
  • 夜まで集中力が持つ



という感じで、フリーランスの仕事や課題が夕方の5時までに終わるようになりました。

マイナス思考が減る

皆さんも経験あるかもですが、夜に考え事をすると、むっちゃマイナスな方向に行きますよね。

僕はあれが朝にも来ます。

なので朝に何かを考えると、変に悲観的に気分になることが多かったです。

ですが、ジムに行くことで眠気が飛んでシャキッとします。

おかげで、謎にマイナスな考えをすることが減り、1日のスタートをポジティブに切れるようになりました。

ノイズが少ない

最初はすごく驚いたのですが、朝はほぼジムの利用者がいません。

僕の通ってる所だとせいぜい2~3人くらいですね。

また朝はトレーニングの邪魔になることが起きないです。

  • メールが来ない
  • SNSの通知が来ない
  • 電話が来ない
  • テレビもニュースで静かめ



という感じで、ノイズがすごく少ないです。

おかげで集中しながらトレーニングに望めています。

その証拠に、前までは1時間かかっていた筋トレが、40分くらいで終われるようになりました。

健康的な朝食につながる

僕は以前は何かと朝ご飯をサボりがちでした。

  • シリアルのみ
  • パンのみ
  • 牛乳1杯



みたいな感じで、なかなか不健康。

ですが、早朝にジムに通いだしたおかげで、朝ご飯に気を使えるようになりました。

頭が冴えてテキパキ行動でき、時間も余裕を持てたおかげです。

また、運動後の食事を気を付けると運動の効果が上がると言われていることを知り、朝食をいいものにする意識が生まれました。

おかげで、朝食が健康的になってます。

  • プロテイン
  • ご飯
  • 味噌汁
  • サラダ



上記のようなものを食べて生活しています。

小さな自信につながる

早朝にジムに行けば小さな試練を乗り越えることになり、それが自信に繋がります。

皆さんもだと思いますが、朝は何かと面倒なことが多いですよね。

早起きしないとダメだし、冬は寒いし、何ならもっと寝たいし…。

僕の場合、布団から出るのが億劫すぎで、本当に嫌でした。

でもこういうのを乗り越えたことで、「何かを達成できた。」という達成感に繋がり、それが自分に自信を与えてくれました。

早朝にジムに行くデメリット

僕は以下を感じました。

  • 激しいor長時間の運動はできない
  • 冬の朝は少しつらい
  • 匂いのケアが少し面倒



それぞれサクッと説明します。

激しいor長時間の運動はできない

実際できないこともないですが、向いてはないですね。

僕の場合、仕事と学校があるので、朝にジムに使える時間は1時間半くらいが限界です。

また一度、すごく激しい運動をしてしまい、午前中から疲れた感じになってしまいました。

なので激しい運動できなかったり、長時間のジムに居れないのは、早朝ジムの欠点かなと思います。

とはいえ、息が切れる運動を連続でやらなければいいだけですし、1時間くらいで運動は終えれると思うので、大丈夫かと思います。

冬の朝は少しつらい

この記事は12月に執筆しているのですが、冬の朝はマジで極寒ですね。笑

僕の住んでる所だと2~3度くらいなので、さすがにその寒さの中に身を突っ込むのはしんどいです。

昼間や夕方だともうちょっと暖かいですからね。

まあでも2週間もすれば慣れましたし、出発前にお湯を飲めば体がポカポカするので耐えれてます。

匂いのケアが少し面倒

早朝ジムをすると朝から汗をかくことになります。

そしてそのまま学校や仕事をすることになるので、匂いには少し気を使う必要が出てきます。

夜なら家に帰るだけなのでいいのですが、早朝だとそうはいきません。

ちゃんと汗拭きシートとかシャワーを浴びないとダメです。

まあシャワーまで行かなくても、汗拭きシートで拭いていれば大丈夫なので、そこまで問題ないかと思います。

結論:早朝ジムは有益です

上記の感じで早朝ジムは悪くないと思います。

確かにデメリットもありますが、対策をすればいいですし、メリットの方が大きいですからね。

試す価値アリです。

早朝にジムに通う上で知っておくべきこと

少し補足ですが話しておきます。以下をご覧ください。

  • 朝食は健康的なものを
  • 起きてすぐのジムは控えるべき
  • ジムが無理なら自宅でもOK



それぞれお話していきます。

朝食は健康的なものを

もし可能ならでいいですが、朝食は健康的なものを食べてみるといいです。

まずは

  • タンパク質多め
  • 炭水化物もしっかり
  • 脂質控えめ



ということを意識してみるといいでしょう。

運動から30分間は、ゴールデンタイムと呼ばれていて、筋肉の材料のタンパク質が吸収されやすくなると言われています。

なのでタンパク質を朝食で摂るのが理想です。

そして、エネルギー源の炭水化物を食べることで元気が出ます。

なお、僕が食べている食材を挙げておくと以下の感じです。

  • フルーツ全般
  • プロテイン
  • ヨーグルト
  • だし巻き卵


朝食とプロテインは相性がいい

タンパク質を摂取するといっても、朝からお肉や卵、納豆といったものは大量に食べれませんよね。

なのでそういう時はプロテインを活用しましょう。

コップ1杯飲むだけでたくさんのタンパク質を摂取できます。

また、

  • 低カロリー
  • ビタミンミネラル豊富→体作りをサポート
              →美容効果
  • 食費が浮く



と言う効果が期待できます。

ダイエットや筋トレをする方には、楽に目標達成できる第一歩になりますよ。

以下の記事で選び方とおすすめおを解説してるのでどうぞ。

【厳選】ダイエットにおすすめの人気プロテイン6選【選び方も詳しく解説】


起きてすぐのジムは控えるべき

起きて本当にすぐのトレーニングはさすがに体に悪いはずです。

僕も一時期ジムが近いので、起きて10分後に筋トレとかしてましたが、気持ち悪くなりました。

なので、起きてすぐにジムに行くのは止めましょう。

お茶でも飲みながらほっこりしつつ、30分後くらいから行くといいかと思います。

ジムが無理なら自宅でもOK

ここまで書いておいてあれですが、おそらくジムが家の近くになかったり、あっても24時間営業じゃなったりする方もいると思います。

そういう場合は家での運動でも問題ありません。

「ジムじゃないの?」と思われるかもですが、大事なのは「朝に運動すること」です



僕自身、ジムに行きたくない日は家で筋トレしてまして、効果的にはさほど変わらないですね。

なのでジムが無理な方は家で運動しましょう。

最後に:早朝ジムは最高の投資です

以上が今回の内容でした。

上記で書いた通り、早朝ジムは有益です。

頭は冴えて1日有効に使えるし、筋トレやダイエットの効果も上げやすくなります。

僕も始めるまで気が乗りませんでしたが、始めて1週間くらいで効果が実感でききたので、やって良かったと思ってます。

もし気が乗ればどうぞ。

では最後までお読みいただきありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA