ジムが遠いとむちゃくちゃ損するので止めましょう。【対処法あり】

こんにちは~。

僕は何回か家からだいぶ離れたジムに通ったことがありますが、正直あまりおすすめできないなと感じました。

今回は遠いジムはやめた方がいという話を、僕の経験を交えてお伝えしていきます。

ではいきましょう。

この記事を読んでわかること
・遠いジムは損をする理由
・具体的にどう対処すればいいのか


遠いジムに行くと損をする理由

いいことゼロです。

以下でその理由を説明していきます。

結局サボりがちになる

これが一番のヤバい点です。

マジでサボりがちになります。

というのも遠いとやる気が消えてしまうから。

ジムに限ったことではないかもしれませんが、目的の場所が遠いというのはそれだけでめんどくさいものです。

例えばですが、週に3回、自転車で30分離れた場所に行くとなるとどうでしょうか?

なかなかキツイですよね。

これが確実に自分のやる気を消してしまいます。

「あー。ジムだるいなあ。行きたくねえ。」みたいな感じで。

こういう気持ちは一旦心に芽生えると、どんどん加速します。

で、最終的にやる気がゼロに近づいて、サボりだします。

僕も遠いジムでしたが挫折しました

これは僕の体験なので参考程度にしてもらえればいいんですが、一時期遠くのジムに行って結局サボってしまいました。

当時はだいたい家から自転車で20分くらいのところに、週2回で通っていました。

最初の方はやる気もバリバリだったんですけど、だんだん時間が経つにつれて気持ちが薄れまして…。

「家から出なくないな。」と思うことが増えたんですね。

で、結局完全にサボるようになってしまいました。

たぶん丸々一ヵ月くらい休んで解約した記憶があります。(笑)

僕の場合、家に筋トレの器具があったり、単に意思が弱すぎたりしただけなのかもしれませんが、遠いということはそれだけでやる気を消すなと実感しました。

時間がもったいない

単純に遠いということは、それだけで移動に時間がかかります。

これは結構もったいないというか、単純に無駄です。

少し例を見てみましょう。

  • 家から往復1時間
  • 週に3回


こういう感じだったとします。

計算してみると、週に1×3=3時間を移動に使うことになります。

さらには一ヵ月だと3×4=12時間。

1年だと12×12=144時間です。

まあまあの時間のロスではないでしょうか?

で、これだけだと「まあ別によくね?」と思われる方もいるかもしれませんが、そうではないんです。

やはり移動している間は、基本的になにもできないし、電車とかだとストレスも溜まりますからね。

週に何回もそういうのが自分の身に、それなりの時間降りかかってくるのは有意義ではありません。

きっと無駄なはずです。

そういう無駄をすることになるのは、確実に時間がもったいないですよね。

単純に疲れる

先ほども触れたように、遠いということはそれだけ移動距離が延びることを意味します。

たくさん移動するとそれだけ疲れます。

例えばですが、持久走で1キロ走るのと10キロ走るのでは明らかに後者の方がしんどいですよね。

ヘトヘトです。

遠いジムに行ってもこれと同じ現象が起きます。

「マジで歩けない」みたいなことにはならないかもしれませんが、それなりに体力が削られるはずです。

パフォーマンスに影響します

やっぱり行くだけで疲れると、その分トレーニングも質が下がります。

いつもより上げれる重量が減ったり、走れる距離が短くなったり…。

これはあまり良くないですよね。

少し考えすぎな気もしますが、行くのに自転車で30分とかだと確実に疲労が溜まります。

遠いジムの弊害です。

ジムが遠いときの対処法

主に3つあります。

  • オンライントレーニングにする
  • 近くのジムにする
  • 自宅でトレーニングをする


こんな感じです。

では説明していきます。

オンライントレーニングにする

ジムでしかできないことがあるのなら厳しいですが、そうでないのなら僕はオンライントレーニングをおすすめします。

実はメリットが結構ありまして

  • 金銭的に安い
    →週1でやって9000円くらい
    →通う電車賃・ガソリン代も消えます
  • 1対1のレッスンが受けられる
    →要はパーソナルトレーニングです
    →専門的に指導してもらえます
  • ジムに通うデメリットが消える
    →通うためにストレス・疲労とはおさらば
    →通う時間もかからない
  • モチベ維持になる
    →ビデオ通話で時間を決めてトレーニングするので、サボりにくくなります
  • もちろんコロナにかかるリスクも減ります



という感じです。

僕もこの前利用しましたが、金銭面とモチベ維持が大きなメリットですね。

パーソナルトレーニングを受けても月9000円くらいで済みますし、トレーナーの方と時間を決めて「約束」する形になるので、半強制的にトレーニングする形になります。

サボったときの罪悪感がえぐいです。(笑)

確かに臨場感は欠けますが、それ以上のメリットがあるのではないでしょうか?

オンライントレーニングはZENNA(ゼンナ)がおすすめです

僕がお世話になったオンライントレーニングのジムです。

使った感想は

  • それぞれの顧客に合せたメニュー
    →腰痛、かたこり解消なんかもあります。もちろん筋トレ、ダイエットも
  • 安い
    →週1で9000円・2週に1回で6000円
  • トレーナーさん優しい
    →物腰の柔らかい方が多いです
    →些細な疑問にも答えてもらえます



という感じです。

無料体験があるのでとりあえずそこに申し込んで、合わなかったら辞めてもらえばお金も一切かかりません。

体験だけなら損はしないと思うので気楽にどうぞ。申し込みは以下からどうぞ。

申し込みはこちらからどうぞ


近くのジムにする

単純ですが、効果的です。

遠いから色々問題が起こるのであって、これを防ぎたければ反対に近くにすればいいんです。

そうすれば問題を減らせます。

  • 近いとやる気が出やすい→サボらない
  • 移動時間が減る→もったいない時間が減るor疲れにくい


こういう感じです。

個人的にはちょっと設備が落ちたり、値段が上がったりしても近くにした方がいいと思います。

上記の問題を減らせるほうがメリットが大きいですからね。

僕も近くのジムに変えて成功でした

また僕の体験で申し訳ないですが、僕も結局家の近くのジムに変えました。

結果それでよかったと思っています。

設備は少し貧相になってしまいましたが、その分やる気は出やすくなったかなと感じます。

そのおかげでサボることはかなり減りましたね。

なくなってはいませんが。(笑)

でも減ったのは大きな進歩。

ですので、自分の経験からも遠いジムから近くに変更するということはいい対処法です。

自宅でトレーニングをする

これは人によってはできないかもしれないですが、いっそのこと自宅でトレーニングするのもアリです。

これなら上記で挙げたような問題点は基本的になくなります。

  • 移動しなくていい→サボらない、通う時間ゼロ、疲れない


こういう感じです。

正直、自宅だと置ける器具も限られていますが、それでもその分メリットも大きいですからね。

人によってはこっちの方がいいかもしれません。

併用でもOK

自宅でトレーニングがいいと言いましたが、別にジムと併用するのもアリです。

詳しくはこちらに書いていますが、


ざっくり説明しますと、自宅とジムのいいとこどりができるんですね。

「自宅だけだとつまらないな。」とか、「ジムにしかない器具がある。」という人にはおすすめです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

遠いジムは百害あって一利なし

もし今通ってるジムが遠かったり、これから通う予定のある方はぜひ中止することをおすすめします。

デメリットだらけです。

それよりも近くのジムや家トレをする方がいいです。

そちらを検討してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA