【コスパ最強】アーミーダンベルをレビュー!【安く筋トレを始めよう】

どうもこんにちは。

ふっくーです。

この記事の内容
・アーミーダンベルを使ってみたレビュー



なお、この記事を書いている僕は、アーミーダンベルを3年ほど使用していますので、その経験を元に書いていきます。

かなり詳細に、ステマなしでやっていくので参考になればと思います。

アーミーダンベルの正直なレビュー

10、20キロの両方を購入したのですが、「買ってよかった」という感じです。

ではまずは、基本スペックから見ていきます。

基本スペック

以下の通りです。(片手のみ。)

重さ値段大きさ素材プレート数
10Kg3600円プレート直径:23cm
持ち手の長さ:39cm
ポリエチレン1.5kg×2枚
3.5kg×2枚
5.0kg×2枚
20kg7000円プレート直径:23cm
持ち手の長さ:39cm
ポリエチレン1.5kg×4枚
2.0kg×2枚



写真で実部を見るとこんな感じ。



うーん。ごつくてカッコいい。

アーミーダンベルの良かった点

先に全部言うと以下の感じです。

  • コスパがいい
  • 重さが細かく調節できる
  • 素材が鉄じゃない
  • 長い間持つ



それぞれ説明していきます。

コスパがいい

実際にググってもらうと分かりますが、他のダンベルだと

  • 10キロ:8000円
  • 20キロ:10000円



とかが普通です。

なので値段はかなり安いなと思います。これより安いダンベルは、ほぼないはずです。

重さが細かく調節できる

上記でも書いた通り、1.5キロのプレートが付いているので、重さを細かく調節できます。

「3キロ→10キロ」みたいに一気に重くなることがなく、徐々に重さを増やせました。(3キロづつ。)

なので「重すぎて上がらない…。」ということがなく、トレーニングしやすかったです。

素材が鉄じゃない

上記で書いた通り、ポリエチレンでできてます。プラスチックですね。

なので、手触りがとてもよく、床に傷が付きません。

僕の部屋の床は木なのですが、アーミーダンベルを軽く床に落とす程度では無傷でした。

他のダンベルは鉄でできてることが多いので、ザラっとしてて握ると痛かったり、固さゆえに床に傷が付きやすいので、素材は気に入っています。

長い間持つ

安いから一瞬で壊れるかな…と心配していたのですが、かれこれ3年持っています。

特に壊れた箇所はありません。

アーミーダンベルの悪かった点

以下の通りです。

  • 大きくて扱いにくい
  • プレートの付け替えが面倒



それぞれ説明します。

大きくて扱いにくい

上記でも書きましたが、持ち手が39センチ、プレートが23センチほどです。

なので、ダンベルにしては少し大く、若干扱いずらいな…と感じました。

とはいえすぐ慣れます

最初の2週間くらいは扱うのが難しかったですが、1ケ月もする問題なく扱えるようになりました。

使ってれば馴染んでくるので、扱いにくさはそこまで気にしなくてもいいと思います。

プレートの付け替えが面倒

ご覧の通り、持ち手の端に溝が入ってネジの様になってまして、一部のプレートを回しながら入れる感じです。

なのでプレートの付け替えは少し面倒でした。

とはいえ20秒くらいで終わるので、こちらもそこまで気にしなくていいのかなと思います。

その他のレビュー

アマゾンや楽天の口コミを見る感じ、

  • プレートの固定が緩くなる



という感想を持つ方がいるっぽいです。

僕としては上記の点は一切気にならなかったですし、きっちり固定すれば動かないので問題ないと思いますよ。

結論:アーミーダンベルは素晴らしい

上記の感じで、僕はアーミーダンベルは素晴らしい商品だと思います。

確かに悪い点もありますが、そこまで気にならないですし、

  • 安い
  • 重さが調節しやすい
  • 素材がいい
  • 長期間使える


という感じで、普通に気に入っています。

そして、これを使って筋トレしてから

  • 自信がついた
  • ガリガリから細マッチョになった
  • 健康になった
  • 前よりモテた



という感じで、いい方向に人生が進んでおります。

皆さんもこれで筋トレを始めてもらえれば、体形が変わって素晴らしい未来が待ってるので、悪くない投資になると思いますよ。

特にこれから筋トレを始める方には、ぴったりのダンベルです。

以下から購入できるので気軽にどうぞ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA