【簡単】筋トレを独学する方法【僕でも達成できました】

どうもこんにちは。

ふっくーです。

筋トレを独学したいけど、どうすればいいのかな?速く成果を出すにはどうすればいいのだろうか?



こういった疑問に答えます。

この記事の内容
・筋トレの独学は可能か
・独学する方法
・その他知っておくべきこと



なお、この記事を書いている僕は筋トレ歴3年で、ずっと独学をしてきました。

一応ジムのインストラクターの方から「詳しいですね。フォームきれいですね。」言ってもらえました。

脱初心者はしてるはずなので、その経験を元に書いていきます。

筋トレの独学は可能なのか?

結論、可能です。

独学に必要なものは揃ってます

Youtube、Google検索、本など、独学に必要なツールは身の回りにあふれてますよね。

必要な情報は簡単に手に入ります。

運動神経もあんまり関係ない

全てとはいいませんが、筋トレは反復運動です。ウエイトの上下させてるだけだったりします。

なので、運動神経とか関係なしで「慣れ」の問題が大きい思います。

僕自身、運動神経は良くないですし、マッチョの友達は体育の成績が2だったりします。

なので、独学は問題なくできますよ。

ただトレーナー・ジムに行った方が楽

単純な話ですが、その道のプロに指導してもらった方が、上達は速いのは間違いないです。

例えば

  • 塾なしで大学受験
  • 塾へ行きつつ大学受験



なら、後者の方が楽ですし成績も伸びやすいですよね。

筋トレもそれと同じで、独学するのは少し大変です。

筋トレを独学する方法【3ステップです】

僕が実践した方法です。以下をご覧ください。

  • トレーニングの方法の勉強+実践
  • 筋トレの知識を学ぶ
  • 食事の知識を学ぶ



それぞれ説明していきますね。

トレーニングの方法を勉強と実践

具体的に勉強することは以下の2つです。

  • 器具の使い方
  • フォーム



サクッと見ていきますね。

器具の使い方

当然ですが筋トレはダンベルやベンチプレスを使いますので、その使い方を学んでいきましょう。

器具と言っても色々ありますが、僕の経験上

  • ダンベル
  • ベンチプレス
  • バーベル
  • プルダウン系の器具



の4つを頻繁に使うので、とりあえずこれらを使えるようになればOKです。

器具の基本が抑えられる感じですね。

なお、残りの器具は応用しながら対応可能、マニアックなのはその都度覚えていけば問題ありません。

※自宅で筋トレする方はダンベルが必要ですが、以下でおすすめを紹介しているので気軽にどうぞ。

初心者の選ぶべきダンベル重さは何キロがいいのか結論を出します!!


フォーム

とりあえずは自分が鍛えたい部位のフォームを確認していきましょう。一気に全部位を覚えるのはしんどいです。

僕は細マッチョを目指していたので、腕、胸、肩、背中のフォームを学習して、残りはその都度やっていきました。

補足:学習はYoutubeの動画でOKです

器具とフォームに関してはYoutubeの動画で独学可能です。

僕自身、Youtubeだけでやりましたが、全く問題なしでした。

「ダンベル 使い方」、「筋トレ 肩 フォーム」といったワードで検索して出てき動画を視聴すればOKです。

なお、



この3人がとても分かりやすいので、参考までに。

学習が終われば実践する

ある程度器具の使い方と、フォームが分かれば自分の体を使って実践していきましょう。

僕がしたことは以下です。

  • 鏡の前に立つ
  • フォームを確認しつつゆっくり器具を使う



単純ですが、これの繰り返しでトレーニング方法が定着していきます。

なお、最初から重いのでやり過ぎると怪我をするので、軽めのでやりましょう。ここで大事なのは使い方とフォームを覚えることです。

結構地味な作業ですが2週間くらいで慣れますので我慢ですね。

筋トレの知識を学ぶ

昔の僕は「筋トレ=根性がすべて」と思ってましたが、実際はそうでもないです。

実はもっと科学的なもので、

  • 重りを何回上げて
  • どのくらいの頻度で
  • どうやれば筋肉が成長するのか


みたいなのってある程度決まってたりします。

なので筋トレの知識を付けることで、最短で成果を出すことが可能です。

逆に知らないと成果がでにくいですし、怪我をする可能性も上がります。僕も初心者の頃にぎっくり腰になってます。笑

学ぶべきことは以下の3つです

  • 筋肉の動きの仕組み
  • 筋肉の発達のメカニズム
  • トレーニング方法



この3つを独学できれば基本は抑えれます。

後は疑問が出るたび、その都度対応していけばOKです。

学習は本でやりましょう

専門家が発信していて、必要な知識のみがまとめられているので、効率がとてもいいです。

僕自身、本で独学しましたが1~2日で読み終わりました。そして「筋トレ 独学」みたいにググる必要もなくなりましたね。

実は本の方が楽なんです。

独学におすすめお本は以下でまとめているので気軽にどうぞ。(1500円ほどです。)

【厳選】筋トレ・ダイエットにおすすめの本6選


食事の知識を学ぶ

昔の僕も勘違いしていたのですが、ウェイトを上げてれば筋肉が付くわけではありません。

正しい食事をしないと効果が出にくいです。

僕自身、一時期ドカ食いをしながら筋トレしたのですが、普通にデブって終わりました。笑

なので食事の知識を独学する必要アリです。

独学すべきことは以下の3つです

  • 筋肉を付けるための食事法
  • 食べるべき食材
  • 自分に必要な量



この3つで食事の基本を押さえることができます。

こちらも学習は本で

先ほどと同じ理由ですが、食事に関しても、本で独学するほうが効率がいいです。

先ほどの記事におすすめの食事本も載せてるので気楽にどうぞ。

筋トレを独学するうえで知っておくべきこと

成果を出すうえで重要なことを話しておきます。以下をご覧ください。

  • パーソナルジムを利用するのも一つの手
  • Audibleを使ってもいい
  • マスターするには時間がかかります


それぞれ説明しますね。

パーソナルジムを利用するのも一つの手

家トレor普通のジムを考えている方向けの話ですが、これから筋トレを独学するならパーソナルジムへ通うのがおすすめです。

というのも圧倒的に独学しやすいから。僕が体験した感じ、

  • 正しいトレーニング方法を指導してもらえる
  • 正しい筋トレの知識、食事法を指導してもらえる
  • 困ったらすぐ質問できる



という具合で、1人で独学するより楽だなという印象です。

意地を張らずに最初から行けばよかった…と少し後悔しています。

確かにお金は少しかかりますが、成果は出しやすくなるので悪くない投資だと思いますよ。

というか下手したら普通のジムより安く済みます。(月6000円~あります。)

以下の記事でおすすめのジムを紹介しているので気楽にどうぞ。

【厳選】おすすめのジム4社を紹介【ジム歴3年が語る】


Audibleを使ってもいい

AudibleというのはAmazonが運営する音声読書サービスです。本の朗読を聴ける感じですね。

僕自身、筋トレ中に使用していますが、悪くないですね。

  • 月額1500円
  • 運動しつつ情報収集できる
  • 暇を感じない



という感じで重宝しています。

特に、筋トレって単純作業で暇だったりするのですが、それが解消されて楽しく筋トレできています。

以下の記事で詳しく解説しているので気楽にどうぞ。(筋トレ本もありです。)

【Audibleの感想】とても価値のあるサービスです【デメリットあり】


マスターするには時間がかかります

少し残念なお知らせですが、筋トレの独学は3日とかでは終わりません。

僕の経験上、

  • 1ケ月→基礎ができる
  • 3ケ月→中級者
  • 6ケ月→上級者



といった感じです。

覚えることも少し多いですし、体の慣れも必要です。

部活してた人なら分かると思いますが、1日じゃ上手にならなくて、3ケ月くらいは練習を詰まないとダメですよね。

筋トレもそれと同じで、ある程度慣れてくるには3ケ月くらいはかかるかな…と思います。

なのでそのつもりでやっていきましょう。

PDCAを回す必要あり

とはいえですね、「3ケ月やってもガリガリのままor一向に痩せない」、みたいな感じだと一旦立ち止まるべきです。

おそらくそのまま続けても成果は出ません。

その場合は、何かしら成果が出ない原因があるので、そこを見つけて改善していきましょう。

さあ筋トレの独学を始めましょう【楽しい】

以上が今回の内容でした。

僕の経験上、筋トレの独学はすごく楽しいです。

「実はそうだったんだ」という雑学的なことを知れますし、自分で何かを達成できて自身も付きます。

なので気楽にやっていきましょう。

では良き筋トレライフを!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA