筋トレをする方向けの体臭の対策方法【2ステップです】

どうもこんにちは~。

ふっくーです。

筋トレをしている方は体臭で悩む方が多いかもしれませんね。

僕は幸いにもなんともないんですが、僕の友達なんかは常に気にしてます。

なかなか深刻な問題っぽいですね…。

というわけで今回は筋トレをしていても体臭を防ぐ方法を紹介していきます。

筋トレで体臭の原因は主に2つです

以下の通りです。

  • 食べ物→汗や腸内環境に影響→体臭の原因に
  • 筋トレ中・後の対策を怠る→体臭が臭くなる



僕も専門家ではないのではっきりしたことは言えませんが、筋トレそのものが原因というよりも、それを取り巻く環境が問題です。

まずは食べ物の話からしていきます。

筋トレしてる人が体臭対策で気を付けるべき食べ物

いくつかあるので順番にお話していきます。

プロテインの過剰摂取はアウト

信頼できそうなソースの情報を引用します。

動物性タンパク質を摂りすぎると、体に吸収されなかったタンパク質がそのまま腸内に送り込まれます。腸内に贈られたタンパク質は悪玉菌のエサになってしまうので腸内環境の乱れが発生しやすくなります。本来、一番少ないはずの悪玉菌が増えてしまうと腸の運動が弱まり、食中毒菌や病原菌による感染の危険性、発がん性を持つ腐敗産物が多く作られてしまう可能性があります。

腸内に腐敗産物が増えると口臭や体臭の原因になると考えられているため、気をつけたいですね。

タンパク質の摂りすぎは危険!?過剰摂取による影響とは :グリコ



要は

  • たんぱく質の過剰摂取→腸内環境悪化→腐敗物増加→体臭に



となってしまうということです。

さらにですが、Daigoさんの「人工甘味料の本当の闇が明らかに」という記事では、「人工甘味料が腸内環境を乱す可能性がある」ということが言われています。

ここから考えるに、できる対策は以下の2つです。

  • 摂取量を制限する
  • 人工甘味料不使用のものにする



詳しく見ていきます。

体重×2g未満に

こちらも信頼できるソースを引用します。

日本人の食事摂取基準によると、一般の人が必要とするたんぱく質の量は体重1キロあたり0.8gです。体重が60キロの人は1日当たり48gが目安となります。スポーツ栄養の研究報告などでは、体重1キロ当たり1.2〜2.0gを目安にするとよいのでは、ともありますが、このたんぱく質量は、厳しい体重制限をしている人や、一時的に非常に負荷の高いトレーニングをしている人向けであり、健康に全く問題がないのが大前提です。

過剰摂取をしても、健康な人の場合は問題がないという報告もありますが、体重1キロ当たりのたんぱく質量が2.0gを超えたあたりから、過剰摂取しても記録が伸びなかった、栄養によってスポーツの結果が左右されなかったという報告もあるようですので、スポーツドクターなど専門家がついている人以外は、体重1キロあたり2.0g未満に抑えておくのがよさそうです。

いつどれくらい食べる?筋トレとたんぱく質の多い食事の関係 :味の素



なので、僕の例だと体重が60キロなので、最大でも120グラムということになりますね。

※注意ですが、プロテインパウダー単体ではなく、それも含めてタンパク質全体で見たときの話です。なので「食べ物+プロテインパウダー」で計算してあげて下さい。

人工甘味料不使用のものにする

読んで字のごとくそのままです。

ちなみにですが、僕も一時期、プロテインを飲んでお腹が下し気味だったことがありますが、人工甘味料不使用にしてからは治りました。

体臭のことを考えるのなら検討してみた方がよさそうですね。

赤身肉もアウト

2006年の研究では、「赤身肉の摂取が汗に影響し、結果、体臭がきつくなる可能性がある」ということが言われています。

なので、ここから考えるに

  • 赤身肉は控える→毎日ステーキみたいなのはアウト
  • 代用→鶏肉・豚肉で代用



みたいにするといいのではないでしょうか。

その他の食べ物と飲み物も注意が必要

以下はオハイオ州立大学の記事の内容です。

  • アブラナ科の食べ物(ブロッコリー・カリフラワー・キャベツなど)
  • アスパラガス
  • ニンニク・玉ねぎ・クミン・カレー
  • お酒



上記の食べ物が体臭に影響があるかもしれないそうです。

特に、筋トレしてる人はブロッコリーを食ベる人が多いですが、体臭のことを考えるのなら気を付けた方がよさそうです。

過剰摂取は控えましょう

これは全体を通して言えることですが、別にプロテインや上記の食べ物が完全に悪いわけではなくてですね。

断ち切るのも難しいです。

特にプロテインなんかは好きな人も多いでしょう。

なので、体臭の様子を見つつ量をコントロールしていけばいいと思います。

筋トレ中・後の体臭対策

あまり偉そうに言える立場ではありませんが、筋トレガチ勢のゴリゴリのマッチョの人は体臭がヤバいことがありますね。

ジムに行ったときに「クサッッ。」ってなることもそれなりに。

ぜひ食べ物以外でも体臭対策をしていきましょう。

できることは以下です。

  • 服をこまめに着替える
  • 靴は風通しがいい場所で管理する



解説に入る前にまずは原因を考察します。

原因を理解しましょう【汗でない】

結論からいいますと、体臭が臭くなるのは運動中の汗のせいかと思うかもしれませんが、正確には汗を元に雑菌が繁殖した臭いです。

なので、汗自体のせいではなく、それが付いたまま過ごすのがまずいんです。

要は

  • 筋トレで汗をかく→放置→服で雑菌繁殖→体臭がくさくなる



ということです。

なので、体臭そのものというよりも、汗が体や服の上で雑菌が繁殖して、そのせいで体から発せられる臭いがくさくなるという感じ。

これを踏まえたうえで対策を見ていきます。

服をこまめに着替える

上記でお話したように、汗が付いているとまずいので、それが付いたものを着ないようにするだけで体臭の対策になります。

筋トレをしながら全部の服をコロコロ変えるのは難しですが、個人的には

  • 靴下
  • 下着



は変えやすい+ダントツで臭いのでぜひこまめに取り換えましょう。

僕もジムで筋トレするときは靴下をこまめにかえるようにしてますが、体臭はマシになってるはず。

友達ににおいをかいでもらいましたが「くさくない。」とのことでした。

で、僕をジャッジした友達は汗を完全放置でしたが、正直体臭はくさかったですね。(笑)

なので服はコロコロ変えた方がいいです。

最低でも筋トレ前と後で、靴下と下着だけでも変えたいところです。

分厚い靴下をはきましょう

「逆に汗かきそうじゃね?」と思われるかもですが、こうした方が靴まで汗がいかないので、「靴がくさい→臭い拡散→結果、体臭がくさい」となるのを防げます。

なので

  • できるだけ厚めの靴下をはく
  • 2重履きにする



といった風に対策してみればいいです。

ちなみに僕は2重履きにしてます。

もちろん汗を拭くのもアリ

当然ですがこちらも効果ありです。

要は

  • 体にや服に付く汗が減る→雑菌が繁殖しにくい→体臭を防ぐ



というわけです。

タオルを携帯しましょう。

靴は風通しがいい場所で管理する

筋トレをすると少なからずは、靴にも汗が付くので、そこで雑菌が繁殖すると詰みます。

においが足だけにとどまればいいですが、そうじゃないですからね。

タイトルの通りなるべく風通しのいい場所で保管すべしです。

  • 靴箱に入れずに外に放置→できれば屋外
  • 日光にさらす→ベスト
  • 雨のときはなるべく窓際に置く



という風にしておくといいでしょう。

僕も靴は外に出しっぱなしにしていますが、においはそこまで気にならないですね。

※最後に注意ですが密閉したシューズケースに入れるのはアウト。

新聞紙か活性炭を入れておくのもいいです

  • 新聞紙→湿気を吸い取ってくれます
  • 活性炭→脱臭効果あり


という感じなので、放置するだけよりなおよしです。

雨の日なんかは新聞を靴に入れていたこともありますが、湿気が消えるのが速くなって、臭いもマシになってました。

活性炭は靴には使用したことはありませんが、実家のトイレに置いてあって、普通に無臭になってます。

なので、靴にもある程度の効果は見込めると思いますよ。

筋トレするなら体臭のケアもちゃんとしましょう

以上が筋トレと体臭のお話でした。

しっかり対策をしてもらえればある程度は防げると思うので、ぜひやってみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた!!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA