【厳選・コスパ最強】筋トレにおすすめのダンベル4選【筋トレ歴3年の僕が選ぶ】

どうもこんにちは。ふっくーです。

ダンベルを探してるけど、どれがいいか分からない。安くて高機能で成果が出せるのが欲しいです。おすすめを教えて下さい!



こういう悩みを解決します。

なお、この記事を書いてる僕は筋トレ歴が3年で、ダンベルも10社以上のを使ってきました。

その中から厳選してるので信頼性の担保に繋がるかなと思います。

この記事の内容
・ダンベルの選び方
・おすすめのダンベル4選
・買うダンベルを迷うのはもったいない


ダンベルの選び方

結論、「値段」で決めるのがいいと思います。

正直、ダンベルはどこのメーカーのもある程度の品質は担保されています。まあ元は「ただの重り」ですからね。

なので、どれを買っても成果をちゃんと出せます。僕も、今から紹介する一番安いので筋肉を付けました。

ですが、一応、値段が上がるほど

  • トレーニングマニュアルが付く
  • 扱いやすく筋トレしやすい
  • バーベルにできたりする



という感じでトレーニングの環境が良くなっていきます。

なので、予算に応じて買えそうなものを買えばOKです。

おすすめのダンベル4選

僕が使って良かったものです。

  • アーミーダンベル
  • Woutのダンベル
  • IROTECのダンベル
  • FILEDOORのダンベル



それぞれ詳しく見ていきます。

アーミーダンベル

筋トレ界隈では有名な定番のダンベルですね。

このダンベルの基本情報

重さ値段大きさ素材プレート数
10Kg3600円プレート直径:23cm
持ち手の長さ:39cm
ポリエチレン1.5kg×2枚
3.5kg×2枚
5.0kg×2枚
20kg7000円プレート直径:23cm
持ち手の長さ:39cm
ポリエチレン1.5kg×4枚
2.0kg×2枚


最大の特徴はコスパがいいこと

僕の知る限り一番安いです。1~2万するのが平均ですので破格だとおもいます。

それでいて

  • 重さが細かく調節できる
    →トレーニングしやすい
  • 素材が鉄じゃない
    →手が痛くならない・床が傷つかない
  • 長い間持つ
    →3年使えてます



というメリットがあって問題なくトレーニングできました。

安く筋トレをスタートさせるなら、これがおすすめです。

試したい方はこちらから


【コスパ最強】アーミーダンベルをレビュー!【安く筋トレを始めよう】



Woutのダンベル


Amazonでベストセラー1位になったダンベルです。

このダンベルの基本情報

重さ値段プレート・シャフト素材その他付属品
10キロ5899円1.25kg×4
1.5kg×4
2.0kg×4
42cmシャフト×1
連結シャフト×1
留め具×4
ポリエチレントレーニングマニュアル付き
20キロ9999円1.5kg×4
2.0kg×4
3.0kg×4
42cmシャフト×1
連結シャフト×1
留め具×4
ポリエチレントレーニングマニュアル付き


最大の特徴はバーベルになること

僕も驚いてますが、このダンベルは2つを連結することができて、バーベルとしても使えます。

なので

  • ベンチプレス
  • デッドリフト
  • バーベルカール
  • バーベルレイズ



など、できるトレーニングの幅が広がります。

種目名とかは不明かもですが、トレーニングの幅が広いと飽きずに楽しく続けられるし、筋肉に入る刺激も増やせるので、成果も出やすくなります。

また、トレーニングマニュアルも付属してるので、買ったその日からトレーニングできますね。

そして、一応1万円以内なので、コスパも悪くないです。

飽きずにトレーニングして、質を高めたい人におすすめです。

試したい方はこちらから


Woutのダンベルをレビュー【筋トレを始める人にぴったり】


IROTECのダンベル


こちらも筋トレ界隈では有名な定番のダンベルです。

このダンベルの基本情報

重さ値段持ち手プレート留め具ラバー
10Kg6900円2本1.25Kg×4枚
2.5Kg×4枚
スクリュー式・4つあり
20Kg13800円2本1.25Kg×4枚
2.5Kg×4枚
5.0Kg×4枚
スクリュー式・4つあり
30Kg18000円2本1.25Kg×4枚
2.5Kg×4枚
5.0Kg×8枚
スクリュー式・4つあり


最大の特徴はダンベルの使いやすさ

このダンベルは結構コンパクトです。鉄でできているからですね。

なので、他のダンベルよりも手に収まる感覚があって扱いやすいです。

フォームを崩さずにトレーニングできたし、安定してるので怪我もしにくい印象でした。

トレーニングのしやすさではピカイチだと思います。

トレーニングの質を大きく高めたいならこれがいいですね。

【品質最強】IROTECのダンベルをレビュー【質のいいトレーニングが可能に】


FILEDOORのダンベル

本当にトレーニングをしっかりしたい方向けです。

このダンベルの基本情報

重さ値段プレート素材その他の付属品
22キロ28800円4.5×8枚
ハンドルコア×2
スチール
プラスチック
トレーニング解説動画


トレーニング質が爆上がりする

以下の点が優秀です。他のダンベルの欠点を無くした感じです。

  • 重さ調節が細かくできる
    →0.5キロ単位で調節可能
    →他のダンベルは1.25キロ単位くらい
  • 重さ調節が楽
    →バーの抜き差しだけでいい。5秒で終わる
    →他のダンベルだと30秒くらいかかる。ストレス。
  • ダンベルが扱いやすい
    →コンパクトで安定感がある
  • マニュアル動画付き
    →トレーニング方法が分かる。初心者でも安心。



なので、本当に自分に合った重さで、スピード感を持って、安定感を持って、正しい方法ででトレーニングが可能です。

僕もこれでトレーニングしたことありますが、本当に濃い内容のトレーニングができますね。

とても優秀です。

トレーニングの質をすごく高めたい方にはおすすめです。

ただ、高いので無理して買わなくてOKです。他のダンベルでも十分ですので。

試したい方はこちらから


FIELDOORのダンベルをレビュー【トレーニングの質が爆上がり】


最後に:迷ってる時間がもったいない…

昔の僕は、ダンベルを買おうとしても、どれがいいか分からず、2ケ月くらい筋トレをスタートしませんでした。

正直、少しもったいないです。

筋トレをすると

  • 自分に自信がつく
  • 見た目が良くなる
  • 健康になる



といった様々なメリットがあるのに、それを見逃してるわけですから。大きな損ですよね。

ダンベルで迷う気持ちも分かりますが、「まずは数千円使ってレーニングを開始する方がいいな。」と今振り返ると思います。

上記でもお伝えしたように、どのダンベルで成果は出ますので、まずは気楽に試してみましょう。

筋トレで人生が変わりますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA