オーディオストックで稼ぐことは可能です【僕も稼げた!】

どうもこんにちは~。

ふっくーです。

今回はオーディオストックで稼ぐ方法についてお話していこうと思います。

この記事の内容
・オーディオストックで稼ぐことは可能か?
・オーディオストックで稼ぐ戦略
・その他の知っておくべきこと



なお、この記事を書いている僕は、現在作曲で2万円稼いでいて、オーディオストックでも1万円以上売り上げてます。(月々は3000円ほど)

そこまで大した額ではないですが…参考になればと思ったので記事にしました!

では本編スタートです。

オーディオストックで稼ぐことは可能か?

結論、可能です。

プロ・アマ問わず、誰にでもチャンスがあるのではないかなと思います。

オーディオストック市場がとても盛んです

完全に僕の体感なんですけど、タイトル通り、市場がすごい盛んだなと感じています。

というのも曲を上げれば結構再生されて(100回~500回再生はいく)、企業やYouTuberの利用が多く、購買意欲が高めなので。

音楽を販売するプラットフォームとしては激アツかなと。

実際に僕の曲も速攻で売れました

例えばこちら。



登録してから2週間くらいで売れましたよ。

オーディオストックはもっと盛り上がる

これは僕の勝手な推測なんであれですが、動画市場が伸びてるのでBGMのニーズも高まると思ってます。

というのも、現にYouTubeは現在進行形でマーケットが拡大してますし、5Gも普及していきますので。

以下は参考までに。

出典:サイバーエージェント



BGMは基本的に動画に使われることが多いので、そこが成長すれば自然とBGMも必要とされてきます。

で、

  1. オーディオストック利用者が増える
  2. 曲がたくさん買われる
  3. 作り手が儲かる



といった好循環ができあがります。

なので、普通に稼ぐことは可能です。

クオリティーは一定の基準を満たしてればいい

オーディオストックにはプロの作曲家の方達もたくさんいるので、曲のクオリティーは負けてしまいます。

ですが、それはそこまで重要ではありません。

というのも買う人達は作曲の素人で、曲の良し悪しの判別ができないので。(上から目線でごめん。)

確かにあまりにも品質が悪いとダメですが、それなりに質のいい曲を入れていれば、「お。いい曲。買おうかな。」と思ってもらえるはずです。

実際に僕の友達がオーディオストックを購入者として利用しているのですが、「曲がよければ即決する」と言ってました。

素人の僕でも稼げてるので、皆さんも大丈夫です。

配信サービスが強い

最近サブスクが始まりまして、月2万くらいで、曲ダウンロードし放題、というサービスが始まりました。

で、これが結構よくてですね、サブスクの方々は購入意識が強めなんですね。

ダウンロードし放題なので、「あ。いいな。」と少しでも感じたら気軽にダウンロードしてくれてると思います。

僕の場合、まだ売れてないけど、サブスクで引っかかってる曲が結構ありまして。





上記なんかがそうです。

で、月々1曲100円くらいの収益がありまして、10曲登録してるので、1000円くらいの収益がサブスクから発生してる感じです。

単純計算で100曲上げれれば1万円も到達しますね。

結論:オーディオストックで稼ぐのは可能

とまあ、こういう感じでオーディオストックで稼ぐことは素人の僕でもできたので、皆さんでもできるはずです。

少し大変だとは思いますが、資産にもなりますし、音楽で稼げるチャンスなので、やる価値アリだと思います。

では以下で稼ぐ方法を解説していきますね。

オーディオストックで稼ぐ方法

以下の通りです。

  • 作る曲のジャンルを絞る
  • とにかく曲数を増やす
  • 効果音も作る



ではお話していきます。

作る曲のジャンルを絞る

稼ぐためには最重要の項目です。

というのも、ジャンルによって売れやすさが大きく変わりますので。

そもそもですが、オーディオストックの利用者の大半が、企業かYouTuberです。

なので、彼らが必要としてる曲が売れやすい傾向にあります。

例えば企業なら、会社のPVに使える曲、YouTuberならかわいい感じのさわやかな曲とかですね。

逆に、ゴリゴリのダブステップみたいなのは、需要がないのでアウト。

売れやすいジャンルを紹介します

僕の経験上、以下が売れやすかったです。

  • 爽やか系
  • かわいい系
  • ニュース番組系
  • ピアノソロ系



で、上記の中でも爽やか系はトップで売れやすいですね。

上記で僕が紹介した曲たちも、爽やか系のが多めになってると思います。

あと、ニュース番組系は需要のわりに、曲がなかったりするので、狙い目のような気がしてます。

とにかく曲数を増やす

がむしゃらに増やすのはダメですが、ある程度の品質が保てていれば、どんどん増やしましょう。

曲が多いと、売れる可能性が高まりますからね。

持ち曲が100個なのと、10個では、前者の方が売り上げが10倍になります。(単純計算ですが。)

1曲と10曲でも雲泥の差

僕は現在10曲くらいしか登録してないのですが、それでも収益には差がありますね。

少し前までは1曲登録して2ケ月くらい放置していて、そのときは売上ゼロでした。

で、10曲に増やしてからは総売り上げが万を超えて、月に3000円は入るようになりました。

10曲だけでもここまで変わるので、曲の数はとても大事だなと実感してます。

効果音も作る

オーディオストックは曲だけじゃなくて効果音も売れるのですが、こっちも売ってみましょう。

普通に売れる+効率がいいですので。

僕もいくつか登録していますが、だいぶ売れてますよ。





上記のは3ケ月で2回ほど売れてます。

で、効果音って曲と違って素早く作れて、10分とかで1つ制作可能なんですね。

逆に曲だと1曲で2~3時間とか普通にかかるじゃないですか。

確かに1個あたりの販売利益は効果音の方が少ないですが、曲よりも手軽なのでこっちも売り出すべき。

量産できれば稼げます。

ゲームサウンドがねらい目

僕の売れたものを見てもらうと分かりやすいですが、どれもゲームに使えそうなものばかりですよね。

以下の音も、売れたorお気に入りが付いてます。




なので、僕の経験からすると、ゲーム音は狙い目なんじゃないかなと思っています。

ジャンルで言うと

  • キャラクターの音
    →銃の音・ジャンプ音など
  • クリック音
  • 決定音



この辺が稼げそうです。

僕の予測ですが、クリック音や決定音なんかは、テロップにも使えたりするので売れやすいのかなと思います。

追記:息抜きにもなっていいです

ずっとBGMばっかり作ってると、しんどいですが、効果音を挟むといい感じでリフレッシュできますよ。

僕の場合、週の中で火曜日を、効果音しか作らない日にしてたんですが、気分転換になってたなと感じます。

なので、しんどさを減らして稼ぐためにも、効果音を売るのはアリです。

オーディオストックで稼ぐために知っておくべきこと

少し補足で説明しておきます。話すことは以下です。

  • 曲が使われる場面を考えましょう
  • 検索には引っかかりやすくする
  • 売れ筋を見つけましょう



では軽めに見ていきますね。

曲が使われる場面を考えましょう

上記でも言いましたが、曲は動画とセットで使われることが多いですね。

なので、そこには「場面(シーン)」が伴います。

  • 映画
  • 商品紹介
  • 会社のPV



などなど。

ですから、BGMも場面が鮮明に意識できるものを作るようにするべきです。

もし、「お洒落なBGM」という漠然としたテーマで作っても、それが使われるのがバーやカフェなら、「バーに流れてそうなBGM」、「カフェにありそうなBGM」の方を買いますよね。

凡庸性<特化です。

僕の曲も売れてる曲は、場面を想像しやすいものが多くて、逆に



こういうのは微妙なのは売れてなかったりします。

場面を決めて作曲しましょう

やることはシンプルで

  • プレゼンをイメージする
  • 近未来の町をイメージする
  • 激しめの戦闘をイメージする



といった感じで作曲すればOKです。

検索には引っかかりやすくする

曲を買い求めてくる人は、基本的にサイト内の検索バーで検索をして、曲までたどり着きます。

例えば「会社のPV 爽やか」みたいな感じで。

なので、検索に使われるキーワードから逆算して、曲のタイトルや説明文を考える必要があります。

タイトルはタグのものを使う

オーディオストックに実際に登録してもらうと分かりますが、検索時にタグが設定できるようになってるんですね。

購入者の方は、検索時にそれを利用します。

なので、そこのタグを使いつつ、タイトルを設定しましょう。

ちなみに、僕の以下の曲は「ニュース 怪しい」というキーワードを狙ったんですが、検索の1ページ目に表示させれてます。


説明文にもキーワードを入れましょう

もしタイトルで、「会社 爽やか」みたいなのを入れたのなら、説明文にもそれを入れるようにします。

これで、より検索に引っかかりやすくなりますよ。

追記:無関係なタグは設定しない

例えば、戦闘用のBGMを作ったとして、「和風」とか「かわいい」というタグを付けるのは…アウトです。

確かにそっちの方が色んな言葉で検索されやすくなりますが、購入者からすれば和風の曲を探して戦闘用のBGMが出てきても買いませんよね。

むしろ稼ぐのに遠回りです。

なので、曲のイメージから外れ過ぎたタグは付けないようにしてください。

売れ筋を見つけましょう

当然ですが、売れやすい曲を量産していけば、稼ぐ近道になりますよね。

なので、売れ筋を探しましょう。

僕の経験上、何曲か上げてみれば、「3分以上の曲が売れやすいな。」、「悲しい系の曲は売れないな。」みたいな傾向が見えてくるので、とにかくアップしてみるのが大事かなと思います。

まずは10曲上げよう

僕の経験上、このくらいやるだけでも、何となく分かってきます。

とりあえず10曲を目標にしましょう。

オーディオストックで稼ぐのは誰でもできます

以上が今回の内容でした。

オーディオストックで稼ぐのは、むちゃくちゃ難しいことではありません。

素人の僕でもできましたので、誰でもできます。

やるか、やらないかの違いだけです。

ここまでたどり着いた言意識の高い皆さんだからこそ、ぜひ一歩を踏み出してください。

行動が伴わない情報収集は、ただの暇つぶしで価値はありません。

ぜひ、オーディオストックを始めましょう。

登録はこちらから



ちなみに「YRtcVF9aoq5A」コードを招待コードの欄に入力してもらうと、300円もらえます。

300円だけでも「稼いだ金額」みたいに表示された方が、モチベも上がるので、ぜひ入力してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA