筋トレで飽きたときにすべきこと【全部で4つある+体験談】

どうもこんにちは~。

筋トレをしていると、どうしてもどこかのタイミングで飽きてしまいます。

僕もそういうことは結構ありました。

とはいえ対処は可能です。

というわけで今回は、筋トレで飽きたときにすべきことをお話していきます。

まず初めに:僕は飽き性です

まず、この記事を書いている僕はむちゃくちゃ飽き性です。

過去を振り返ってみると

  • プログラミング→1週間で断念
  • サッカー→1年で終了
  • ダンスの自主練→1週間で終わり



こんな感じで途中放棄だらけ。

ですが、筋トレはなんとか飽きずに続けられていて、合計で3年間はやれました。

その体験を絡めつつ、お話していきますね。

筋トレに飽きた→ハードルと報酬を設定しましょう

以下でも他に方法を紹介しますが、僕的にこれが一番効果があったので、ピックアップしてみます。

メンタリストのDaigoさんの「飽き性対策!続かない&つまらないをなくす方法」によりますと、人間はハードルとご褒美があれば飽きないそう。

要は、「これを頑張ったらあれをしていい」という状態を作り出せばいいんです。

筋トレの場合

  • 仕事を頑張る→筋トレしてOK
  • 勉強を1時間する→筋トレしてOK
  • 宿題を全部終わらす→筋トレしてOK



という風にすればOK。

僕はといいますと、「学校の宿題+ブログを書き終わる→筋トレする」という風にしてまして。

実践して半年くらいですが、飽きたと感じることは減りましたね。

「よし、やっと筋トレできるぞ。」と思えます。

なので、筋トレに飽きた方は、ぜひこの方法を実践してみて下さい。

なるべく達成可能なハードルを

「残業5時間」とかにしてもしんどいだすし、逆に飽きてしまうかなと思います。

ですので、「ちょっとしんどいかな。」くらいの気楽にこなせるハードルを設定しましょう。

筋トレで飽きたときにすべきこと4つ

ここからは、僕がその他に飽きを防ぐために実践していることをお伝えします。

以下の通りです。

  • メニューを変える
  • 新しく筋トレ関連の商品を買う
  • ジムを変えてしまう
  • 友達と筋トレする



の4つです。

結論、新しい刺激を入れてあげようということですね。

ではサクッと説明していきます。

メニューを変える

やはり筋トレのメニューがマンネリ化すると、飽きがちになってしまいます。

ベンチプレスして、ダンベルして、ランニングマシンで…

みたいなのを永遠と繰り返していても変化がゼロですよね。

これでは結局、「んー。なんかテンション上がらない。だるい。」みたいな感じになって、最終的に飽きます。

ですのでメニューはコロコロ変えてしまいましょう。

普段やらない種目を

具体的なやり方です。

例えば

  • ベンチプレス
  • ダンベルベンチ



といった感じの筋トレメニューなら

  • ダンベルフライ
  • 腕立て



みたいな感じに変更すればそれでOK。

僕も筋トレをするときはなるべく、週ごとにメニューを変えるようにしていて、結構気分で決めちゃってますね。

「前はベンチしたし、今日はダンベルフライにするかあ。」みたいな感じで。

新しい刺激になって楽しので、飽きません。

使ったことのないマシンを使いましょう

先ほどはあまり触れませんでしたが、マシンの変更も飽きないようにするための手段です。

僕はほとんど家でしてるのでこれはあまり関係ないんですが、ジムで筋トレをされてる方はやるべきです。

先ほど同様に筋トレのリズムに変化が生まれますからね。

どんどん変えていっていいですよ。

例えば

  • 外で走ってる



のなら

  • ランニングマシン



を使うみたいな感じ。

実際にやってみると「おー。こんな感じなんだ。こういう風に使うんだ。」みたいな新しい発見があっておもしろかったりします。

新しく筋トレ関連の商品を買う

一見効果がなさそうですが、大いにアリです。

筋トレそのものの中身も大事なことは間違いありませんが、 飽きないためには周囲の環境も同じくらい大切です。

その一歩として筋トレ関連の商品を購入がおすすめ。

やっぱり新しいものを買うと、「うおー。早く使いたいから筋トレしよ。」みたいな感じでモチベを維持しやすいですからね。

買うものはなんでもいい

筋トレで使いそうなものなら何でも大丈夫です。

  • BCAA
  • プロテイン
  • シューズ
  • 腰のベルト



などなど。

僕はそこまで頻繁には購入していませんが、プロテインは定期的に購入していますね。

それで実際に飽きることは減ってますね。

お金を使って新しいものに触れると、「せっかく買ったし頑張ろう」みたいな感じに思えて、モチベが維持しやすいです。

種類を増やそう

これはできればの話ですが、個人的には値段よりも数を多く買った方がいいかなと思います。

例えばですが

  • シューズ一足



よりも

  • プロテイン
  • BCAA
  • ベルト
  • シャツ



みたいに何個か買った方が飽きないですね。

単純に数がある方がワクワクしませんか?

下記の記事におすすめの筋トレアイテムをまとめてるのでぜひ。

筋トレに超絶おすすめのアイテムまとめ【プロテイン・器具・服・etc…】


ジムを変えてしまう

少し難しいかもですがアリです。

先ほども触れましたように環境はとても大事でして、変化がないと飽きてしあいます。

ですので、もし可能なら行ってるジムを変えてみましょう。

「やりすぎじゃね?」と思う方もいるかもしれませんが、このくらい大きなアクションを起こした方がいいです。

環境が大きく変わりますすので。

↓むっちゃ楽しそう。筋トレする気が湧きそうじゃないですか?(それどころじゃない説もありますが。)

https://twitter.com/Beauty_moon1205/status/971934358247391232



僕も初めに行ってたジムは飽きてしまって、すぐに辞めたことがあります。

で、一か月くらい休んだのちに、他のジムへ通い始めたのですが、そこからは長飽きずに続けられてます。

やっぱり設備やトレーナーの方、来てる人の層など、色んなものが変わると楽しいですよ~。

ですので、もし「飽きた」と思った方はジムを変えてみるのも悪くないですよ。

ちなみにさっきの動画のやつはメイドジムという場所ですので、気になった方はチェック。

家から20分以内にしましょう

これ以上遠くだと確実に飽きやすいかなあと。

モチベが落ちますし、疲れちゃいますからね。

先ほど通っていたジムのせいで筋トレに飽きたと言いましたが、遠かったんですね。確実にそのせいです。

ですのでもしジムを変えるにしても、家から近い場所を選びましょう。個人的には最低20分、できれば15分以内がベスト。

※詳しくはこちらで解説してるのでぜひ。


ジムのプランでもいいよ

もしジム変更が無理ならプランを変えるだけでも効果ありだと思います。

普段使ってない設備が使えるようになったり、パーソナルトレーニングを受けられるので、いい刺激になります。

もしかしたらお財布には痛手になるかもですが、僕は飽き防止のためなら、少し多く払ってもいいと思います。

友達と筋トレする

やっぱり何事も誰かとやると楽しいもんです。

皆さんもこういう経験があると思いますが、やり過ぎて飽きたゲームとかでも、友達と一緒にやったりすると意外に盛り上がったしませんか?

筋トレもこれと同じ。

ワイワイ話しながらできますし、張り合いも出ますからね。

↓こんな感じ。



僕が友達とやったときはベンチプレス大会をしてます。

どっちが高重量上げれるかを競います。(笑)

マッチョの友達と行きすぎていっつも負けるんですが、それでもモチベーションは上がりますね。

で、「また頑張ろう」と思えます。

注意:素人とはやらない方がいい

ある程度、筋トレの経験を積んだ人と行くべきかなと。

というのも質問が多すぎて自分がやることに集中できないから。

僕の場合、「これどーやって使うの?」とか「何回くらいやればいいの?」とかむっちゃ聞かれました。

「いや。知っててくれ…。」という気持ちでしたね。イライラ…。

なので、それなりに筋トレの経験がある友達とやりましょう。

なんなら、自分がその人から何か学べるくらいの格上の人がいいです。

筋トレで飽きた時にさらに知っておくべきこと

上記で対処法を挙げましたが、補足のためにもう少し付け足しておきます。

お話しすることは全部で2つ

  • たまには休んでもいい
  • 鍛える部位も変えてOK



では説明していきます~。

たまには休んでもいい

詳しくは筋トレは休む勇気が無いと詰みますという記事で解説してるので、参考までにどうぞ。

当たり前かもですが、常に全力疾走だと気持ちが持ちません。

結局「飽きた」ってなります。

ですのでもし「ちょっと飽きてきたかな」とか思ったら筋トレを休んだ方がいいですよ。

リフレッシュになって、「また頑張ろう」と思えますから。

気楽にいきましょう。

1ケ月半に一回、一週間とか休んじゃっていいと思いますよ。

僕は3ケ月に一回、一週間休むようにしてます。


筋肉も落ちないよ

見出しの通りですが、別に筋肉が極端に落ちるとかないですからね。



Daigoさんのビデオによると、何もしないでも、最低2週間くらいは筋肉は落ちないらしいです。

ですから、飽きたら思いっきり休んでOKです。

僕も旅行や風邪で2週間くらい休んだことがありますが、変化なしでしたね。

鍛える部位も変えてOK

冒頭の方でも触れたように、メニューは変えてもいいと言いました。

個人的には、鍛える部位も変更してもOKです。

例えばですが、「今日は肩と胸の日だけど、だるいから肩は明日する」で問題なし。

正直僕も結構やりますね。

普通に怠けものなので、1ケ月に一回くらいは気分で先延ばしにしてます。

やりすぎはダメですが、たまにはいいのかなあと思います。

先ほども言ったように、変に頑張り過ぎても逆に飽きたら意味ないですので、そこまで部位を固定することにこだわらなくてもいいですよ。

さあ飽きたを打破して筋トレをしよう

以上が筋トレに飽きたときの対処法の解説でした。

上記のことを実践してもらえれば、それなりに防げるのではないかなあと思います。

もし飽きたとなら、筋トレに変化を付けつつ、自分を甘やかしながら気楽にやりましょう。

それが一番の飽きない方法です。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA