【ほぼない】16時間断食のデメリットとは?【勝つのはメリットです】

どうもこんにちは。ふっくーです。

ここ1年くらいは16時間断食をする生活をしてます。開始前より3キロほど痩せていました。

その経験を踏まえ、以下の内容を書いていきます。

この記事の内容
・16時間断食ダイエットのデメリット、メリット
・効果を出す方法の解説
・やる際に守って欲しいこと


16時間断食のデメリットとは?

僕は以下を感じました。

  • 最初が少しつらい
  • 活動量が多い人はキツイ
  • タンパク質と野菜の摂取がちょっと大変



ではそれぞれ解説しますね。

最初が少しつらい

最初の3日くらいはちょっとしんどかったです。

朝ごはんを抜いていたのですが、いつも食べていた時間に空腹が襲ってきました。8:30に減り始め、9時にはペコペコでしたね。

これに耐えるのはわりと修行でした。笑

まあとはいえ、3日を超えれば慣れてきたので問題なしかなと思います。

頭を使い過ぎると回らなくなる

たまに午前中に頭が回らなくなることがありました。

僕が16時間断食を始めたのが大学生の頃でしたが、テストを3連続で受けたことがあったんですね。

その時はさすがにエネルギーが切れてきまして…

  • 体がだるい
  • ボーっとして集中力が続かない
  • 作業のスピードが落ちる



という風に消耗してしまいました。

軽く授業を受けたり、休みつつ仕事をするするなら問題ないですが、がっつり集中することが連続するとさすがにきついかなと思います。

タンパク質と野菜の摂取がちょっと大変

16時間断食をすると1日2食になりますよね。

なので、3食で摂ってた栄養を2食で摂る必要が出てきて、少し大変です。

得に「野菜」と「タンパク質」は注意かなと。

僕の以前の朝食は

  • サラダ
  • グラノラの牛乳かけ
  • 目玉焼き



みたいな感じで、野菜やタンパク質が豊富でしたが、これが消えるせいで昼食と夕食にしわ寄せが来ました。

  • サラダはがっつり食べる
  • お肉、卵、大豆製品はしっかり摂る



ということが必要になりまして、考えながら食材を選ぶことになります。

まあ食べれない量ではないですし、これも1週間もすれば慣れるので、さほど問題ないです。

16時間断食はメリットの方が大きい話

上記の通りデメリットもありますが、メリットの方が大きいと感じました。

食べる量が自然と楽に減る

朝ごはんを抜くと、昼や夜にドカ食いしそうですが、今までの量と変わりませんでした。普通に満足できた感じです。

おかげで朝食分を苦なくカットできてますよね。

「ダイエット=食事を我慢」ではなく、「自然と食べる量を減らせる」という感じなので、楽に食事制限や体系維持をできるかなと思いました。

わりと安く痩せれる

1食消えますから、その分の食費は浮いてます。

正確には計れてないのですが、たぶん月間3000~5000円くらいは節約できてるんじゃないですかね。

人によってはもっと浮くかもです。

家計を助けつつ健康的になれるので、素晴らしいと思います。

便通が改善する

元から悪い方ではなかったですが、お通じはかなり良くなりましたね。

便秘はほぼないです。

医学の専門家じゃないのではっきりしたことは言えないですが、こちらの論文によると、

断食をすると腸の運動が活発になり、便秘解消への効果が期待できる



のだそうです。

これを証明するかのように、僕の友人で朝食を抜く人は、便秘で悩まされる人はほぼいませんね。

ダイエット的にも健康管理的にもプラスです。

補足:太らない+栄養補給も問題ない

ネットを見てると、16時間断食でドカ食いしてしまうし、2食分じゃ栄養を摂れないとの意見がありましたが、これは嘘ですね。

むしろ逆かなと。

16時間断食をすると、「2回分でしっかり食べていい」わけでして、

  • 変に食欲を抑えなくていい
  • しっかり食べれるので栄養も補給しやすい



という感じになりますよ。

わりと楽にダイエットや健康管理ができると思いました。

僕自身、やる前は効果が疑問でしたが、やってみるとメリットが勝りましたので、試す価値は十分にアリです。

16時間断食を効果的にするやり方【失敗させない】

以下の様にしてみるといいです。

  • 抜くのは朝ごはんにする
  • 8時間の枠をどこにするか決める
  • 昼前に軽食を挟む
  • 昼と夜でバランスよく食べる



ではそれぞれ解説していきます。

抜くのは朝ごはんにする

16時間を開けようと思うと、朝か夜だと思いますが、僕のおすすめは朝です。

というのも夜ごは無しは不都合ですので。

僕も一時期は抜いてましたが、

  • 夜に空腹だと寝れない
  • 友達とご飯に行けない
  • 飲みに行けない
  • 豪華な食事が消えて満足感が減る



という感じでした。おすすめしません。

逆に朝ご飯だと、

  • 空腹がマシ
  • ゆっくり準備できるようになる



という感じで、楽ですので、こっちにしましょう。

補足:朝を抜いても太らない

上記でも触れましたが、朝を抜いたら太るとかそういうのは迷信です。

食べ過ぎなければいいだけですので、問題ありません。

8時間の枠をどこにするか決める

次はどこで8時間を設定するかを決めていきます。

これは正直どこでもいいですね。

僕は「11:00~19:00」に設定してました。参考までにどうぞ。

昼前に軽食を挟む

上記で書いたように、16時間断食をすると、午前中の活動に支障が出ることがあります。

なので昼前に軽食を挟みましょう。

これでわりと効率よく、元気に活動できるようになりますので。

食べるなら炭水化物を

脳を動かすエネルギーになりますので、食べるなら炭水化物がいいですね。

  • お米
  • パン
  • バナナなどのフルーツ全般



など、砂糖まみれor高カロリーの食品じゃなければ何でも大丈夫です。

なお、量ですが「軽め」にしておきましょう。おにぎり1個、パン1個、バナナ1個くらいでいいかと思います。

昼と夜でバランスよく食べる

最後は昼食と夕飯のバランスを整えましょう。痩せるためには1番大事です。

ベストなバランスとは?

僕は以下を守っていました。

  • 鶏肉を中心にタンパク質は欠かさない
  • プロテインも活用する
  • サラダは必ず食べる
  • お米もある程度食べる
  • 油の摂り過ぎは控える



野菜とタンパク質を中心に摂取し、お米と油もある程度摂る、がベストですね。

上記を守りつつ、後はカロリーオーバーしなければOKです。

一応、僕が食べていた食品も載せておきます。参考までに。

  • 鶏肉
  • 牛肉(たまに)
  • 豚肉(たまに)
  • お米
  • パン
  • ほうれん草
  • 白菜
  • しいたけ
  • エリンギ
  • アボカド
  • フルーツ全般


瘦せる食事が知りたい方へ

以下の記事で痩せるための食事を詳しく解説しています。

>>痩せるためのロードマップ


「どう食事をすれば痩せるかが分かる」というレベルに達し、ダイエットで困ることはかなり減るかなと思います。

16時間断食を成功させるために守って欲しいこと【デメリットに逆戻りしない】

見落としがちな点を少し補足します。

  • 最初のうちはカロリーは計るべき
  • 好きなだけ食べていいは迷信



では解説していきます。

最初のうちはカロリーは計るべき

だるいかもですが、最初の1ケ月くらいはカロリーを測った方がいいですね。

じゃないと太るかもですので。

ダイエットは基本的に「消費カロリー>摂取カロリー」になったときに痩せます。

なので、カロリーを計測し消費カロリーを上回らないように管理するべきなんですね。

ただただ16時間断食すればいい…というわけではなくて、基本の原則は変わりません。毎食ごとに調べましょう。

僕の経験上、1ケ月くらいすれば、ある程度の食事のカロリーが分かるようになってきますので、それまでファイトです。

好きなだけ食べていいは迷信

他のサイトを見てると、「好きなだけ食べて痩せれる」と書いてありますが、これもちょっと危険です。

さすがに食べ過ぎると太りますよよ。実際僕も6キロほど太りましたしね。

先ほど書いた通り、ダイエットはカロリーオーバーすると、痩せません。

また、僕の経験上、好きなだけ食べると食欲が暴走します。食欲無限列車です。笑

軽食+2食以外は極力カットすべき

上記の通り、好き勝手食べれば太る可能性があります。

なので、基本的には「軽食+昼夜以外は食べない」は守りましょう。

まあ16時間断食もダイエットですからね。空腹や食事制限は避けては通れないわけでして、ここは受け入れて頑張りましょう。

「わりと楽」なだけで、何もしなくても痩せるみたいな魔法の様な方法ではありません。


16時間断食はデメリットよりメリットが勝ります

以上が今回の内容でした。

16時間ダイエットはデメリットもありますが、基本的にはメリットの方が大きいです。

やる価値アリですね。僕自身これで3キロほど痩せましたしね。

他の変なダイエット法よりも、楽に効果的に痩せることが期待できますので、気軽に始めてみましょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA