筋トレで人生変わった話をします【歴3年の僕が語る】

どうもこんにちは~。ふっくーです。

筋トレをして3年目に突入しましたが、人生変わったなと感じています。

今回はその経験を元に、筋トレで人生が変わるよ、という話をしていきます。

この記事の内容
・筋トレで人生がいい方向に変わった話
・筋トレで人生が悪い方向に変わった話
・その他注意点



※この記事は3分で読み終わるので気楽に構えて下さい。

筋トレで人生変わった話をします

以下のようないい変化がありました。

  • 自身がついた
  • 少しだけモテた
  • 食事に関心が持てるように
  • 気持ち的に引けを取らなくなる
  • 成果に繋がった



ではサクッと説明していきます。

自信がついた

筋トレ以前の僕というのは至って凡人でした。

  • 学校の成績普通
  • 体型普通
  • 顔も普通
  • がんばったことない



まあどこにでもいる人ですね。

ですが筋トレ後は

  • 見た目が良くなる
    →細マッチョになった
  • 筋トレを継続できた
    →頑張れた達成感が出る



といったことを実感できて、自己肯定感が上がって、自分に自信が出ました。

行動がアクティブになった

僕はどちらかというと、インドア派・静かというタイプなのですが、自信がついて積極的になりました。

例を挙げると以下です。

  • 異性に積極的にアプローチ(前よりはましになった程度ですが)
  • 一人ライブ
  • 授業で積極的に発言
  • 色々挑戦できるように(ブログ・留学など)



傍から見ればそこまでかもですが、僕にとっては大きな進歩です。筋トレしてないときは、もっとナヨナヨ・ウジウジしてたので。

【悲報】自信がでないときもある

ネットを見てると「筋トレで圧倒的な自信が手に入る」みたいな風にいう方がいますが、ちょっと大げさすぎますね。

僕自身、自信が出ないことは何回かあって

  • 留学での入国審査
  • 好きな子とデート
  • 告白



みたいなときはかなり緊張でビビってました。特に告白とかは緊張しまくりでしたね。笑

まあ上記は筋トレとは別物過ぎるのでしょうがないですね。

少しだけモテた

レアケースかもですが、2回逆ナンされました。

で、一応声をかけてくれた理由を聞いたんですが、両者とも「体型がかっこよかったから。」なのだそう。

筋トレでしたからこその結果ですね。

童貞も喪失しました

2回目の逆ナンのときは、結構仲良くなれて、そのままゴールインでした。

で、童貞じゃない人なら分かるともいますが、童貞を捨てたら気持ち的に吹っ切れませんか?

なんか重りが外れたというか。

気持ち的にアクティブになりますね。

食事に関心が持てるように

筋トレをしてると、自然と食事にも気を使うようになりまして、食事への関心が上がりました。

「筋トレは食事が8割」と言われるほど、筋トレと食事は関わっていますので、情報収集をしていくうちに自然と知識が溜まっていく感じです。

その結果、食生活が大幅に改善されて

  • 毎日夜食
  • 暴飲暴食
  • マクド週一
  • 野菜あんまり食べない



みたいな食生活から

  • 夜食控えめ
  • 暴飲暴食ストップ
  • 野菜とタンパク質を積極的にとるように



という風になりました。

↓食べたものを載せておくとこんな感じ。



なかなか健康的ですね。

なお、「健康そうだけど実はヤバい食品」みたいなのも知れて、

  • 野菜ジュース→砂糖ドバドバ
  • ダイエットコーラ→人工甘味料が危ない
  • シリアル→砂糖ドバドバ・栄養ない



というのが代表的ですね。企業に騙されずに済みます。

注意:あくまでもきっかけです

ネットを見ていると、「筋トレで健康になります。」みたいに言ってる人がいますが、それだけでは誤解を招きます。

筋トレをしても

  • 毎日マクド
  • 肉しか食わん
  • チョコレートしか食べない



みたいな状態だと健康とは程遠いわけでして。

他にも「筋トレで体重増えてガリガリ脱出しました。人生変わった。」みたいに言ってる人がいますが、これは筋トレそのものというより、正しくは

  • 筋トレで意識が変わった→食事改善→ガリガリ脱出


という流れです。

もちろん運動することは健康維持になりますが、筋トレがきっかけで食事や生活習慣が改善されることによる効果もあるので、その辺は注意ですね。

気持ち的に引けを取らなくなる

なんといいますか、体型で相手に勝ってるので、いざとなれば潰せるぞ的な思考が働くんですね。

そのおかげで

  • プレゼンでミスっても気にならない
    →後で全員ボコれるから
  • 先輩にも意見をちゃんと言える
    →いざとなればボコれるから
  • 怖そうな店員さんともちゃんと話せる
    → いざとなればボコれるから



みたいに場面によっては役立つこともありました。

結構危ない思考かもしれませんが、物怖じしなくなったので結果オーライですね。

自分なりの成果にもつながりました

上記のようにに人生が変わってくれたおかげで、自分なりの成果にもつながっています。

  • 交換留学1年行けました
  • TOEIC 830点
  • TOEFL 87点
  • 音楽をやって月2万円稼げた



こんな感じです。

筋トレしてなかったら、もっと遅れてたかもですね。

筋トレで悪い方向に人生が変わった話

ステマなしでいきたいので、こっちも書いていきます。

  • 女子の恋愛対象から外れた
  • 髭が濃くなった



人生変わったとか壮大な話ではないかもですが、一応お話しておきます。

女子の恋愛対象から外れます

僕の高校時代の話をします。

僕は当時から筋トレをしていて、それなりにがっつりとした体形になってたんですね。

で、好きな子もいて、「マッチョやしいけるやろ。」みたいに思っていざ告白したら振られました。笑

「筋肉ない方がいい」そうでして。筋トレが逆効果だったパターン。

「人生が悪い方向に変わることもあるんだな。」と実感しました。

事実・女性はそこまでマッチョ好きじゃない

僕の周りでもそんなにいないですね。

↓マッチョかガリガリかのアンケートを取ったんですが、だいたい半々くらいでした。



で、僕が思うに、男性の思うマッチョと女性の思うマッチョはずれてます。

「うっすら筋肉が付いてる程度」が女性の思うそれでして。

ボディービルダーみたいなのはダメなケースが多いかなと。

なので、筋トレで人生をいい方向に変えるには、ほどよく筋肉をつけるくらいで止めた方がいいのかなと思います。

万人受けがいいので。

髭が濃くなりました

本当に筋トレが原因かは分かりませんが、始めてから明らかに濃くなりましたね。

今まで週1でそればよかったのが今では毎日です。

なお、髭が濃くなって

  • 脱毛するとしたら→お金がかかる
  • 剃る→肌が負けて荒れる
      →朝の時間がちょっとだけ取られる
  • 剃ってもちょっと残る→見た目がダウン



という弊害が出てます。

僕はそこまで髭を生やしたくないので、この件に関しては悪い方向に変わったと言えますね。

まあ些細なことなのでそこまで気にせず生きてますが。

筋トレで人生を変えるための注意点

上記を踏まえたうえで考察します。

以下の通りです。

  • 細マッチョを目指しましょう
  • 筋トレの優先度は上げすぎない



ではお話していきます。

細マッチョを目指しましょう

別にゴリゴリでもいいですが、細マッチョを目標にしましょう。

先ほども触れましたが、異性関係で悪い方向に行きかねないですし、ゴリゴリになるのは結構大変。

そっちの方が人生にはプラスかなと。

大事なのは筋トレをすることです

ネットでは「筋トレしよう」と発信してる人が多いので、マッチョにならないとそのメリットは得られないかのように錯覚しがちですが、そうではありません。

僕の例を見ても分かるように、筋肉が付いたから人生が変わったというより、筋トレをしたから変わったわけでして。

筋肉はあくまでも副産物の側面が大きいです。

筋トレはすることに価値があります。

筋トレの優先度は上げすぎない

いっつも筋トレ優先だと人生にもマイナスですよ。

  • 友達と遊べない
  • お酒飲めない
  • 時間が取られる
  • 食事が楽しめない



などなど、本気でストイックにボディービルダーとかを目指すとこうなります。

それが楽しいならいいんですが、しんどいですね。

僕のスタンスとして、筋トレはあくまでもライフスタイルの一環で、その他のことが楽しめないのはアウトです。あくまで趣味。

そうすれば、筋トレのメリットを活かしつつ、その他のことも楽しめて、人生好転するはずです。

僕が意識していることは以下の通り。

  • お酒は飲んでよし
  • たまには好きなものを食べる
  • 筋トレより友達優先



参考までに。

筋トレして人生変わったのでおすすめです

以上が筋トレで人生が変わったという話でした。

悪い側面もありますが、メリットの方が大きいので、やる価値アリだと思います。

たぶん初めて2週間とかでそれが実感できます。

以下で始め方を初心者の方にも分かりやすく解説してるので、気になる方はどうぞ。

筋トレの始め方を歴3年の僕が解説します【超分かりやすい】



なお、上記の方法は、簡単かつ低コストです。人によっては3000円くらいでスタートできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA