歩きながら読書するのが最高な件【散歩読書のススメ】

どうもこんにちは

ふっくーです。

この記事では以下の内容をお話していきます。

この記事の内容
・歩きながら読書するメリット・デメリット
・歩きながら読書の始め方
・おすすめの本



なお、この記事を書いている僕は、毎朝20分ほど、歩きながら読書をする生活を、3ケ月ほど続けています。

その経験とも絡めつつお話していきますね!

では記事を書いていきます。

MEMO
以下でも詳しく説明しますが、僕はaudibleというアマゾンが運営するアプリで、本を聞き流しています。紙の本は読んでません。



歩きながら読書をするメリット

僕が感じたのは以下の通りです。

  • 情報収集と運動を同時にできる
  • 読書を習慣化できる
  • 午後の作業がはかどる



ではそれぞれサクッと説明します。

情報収集と運動を同時にできる

マルチタスクになって、効率が上がります。

前までの僕は、「朝散歩、その後読書」ということをしていたので、合計で1時間くらい消費していたんですが、今では20分以内に収まっています。

で、余った40分を本業の作曲に使えています。

「時間の節約」+「時間を生み出す」の2つができる感じですね。

補足:内容もしっかり頭に入る

一見、歩きながら読書をすると、注意散漫になりそうですが、僕の場合はそうでもありませんでした。

普通に座って読書したときと大差はないです。

しいて言うなら、交差点を渡るときに、気が散るくらいですね。

読書を習慣化できる

歩くという行動と、読書という行動が結びつくので、散歩に行くだけで自然と本を手に取ることになります。

僕はかなりの飽き性で、読書を習慣化するということに何度も失敗してきましたが、歩きながらすることで成功しました。

読書と歩くことが1セットになるのでハードルが下がります。

「あー。本読むのだるいな…。」

みたいな感情は消えました。

読書の習慣化のメリットは情報収集です

読書を習慣化するメリットがよく分からない方もいると思うので、軽くですが説明しておきます。

見出しにもにもあります通り、それは情報収集です。

  • ハウツー本→方法が学べます
  • ビジネス書→ビジネスの知識が付きます
  • 自伝→その人の考え方が分かります



といった感じで、知識や考えを定期的に取り入れることができます。

個人的にはかなりのメリットだと思います!

次の習慣化にも繋がります

「自分もやれば習慣を作り出せるんだ」という自信が持てて、他のことを習慣化するハードルが下がりました。

例えば、

  • ブログ
  • 筋トレ



は、スムーズに習慣化できましたね。

午後の作業がはかどる

これは午前に歩きながら読書をした場合ですが、見出しの通り、午後からの作業がはかどります。

歩きつつ、頭も使うので、頭がすぐにフル回転状態になる感じですね。

そのおかげで、ブログの執筆にかかる時間が2時間から1時間半まで減りました。

補足:散歩には他の効果もあります

メンタリストのDaigoさんの「朝やるだけで一日の無気力と憂鬱を改善する方法」という記事によりますと、散歩を含む20分以上の運動には

  • 認知力・注意力が高まる
  • 気分が高まる
  • 抗うつ作用がある



という効果があるそう。

こう考えると、散歩・歩きながらの読書には、かなりのメリットがありますね。

歩きながら読書をするデメリット

少しながらありまして、以下の通りです。

  • 小説は頭に入らない
  • 紙媒体の本は危ない



こちらもそれぞれ軽く見ていきます。

小説は頭に入らない

これは人にもよると思いますが、僕の場合、小説は合わなかったです。

君の名はを読んだのですが、歩きながらだと想像力がなかなか働かず、場面を思い浮かべることができませんでした。

で、読書していても全然楽しくなくて、「これなら座って読んだ方がいいな…。」と思いましたね。

紙媒体の本は危ない

他のサイトを見ていると、「歩きながらの読書は安全!」と書いてありますが、むっちゃ危ないですよ。(笑)

普通に考えて、本に集中すると視野が狭くなって周囲が見えなくなるので、下手したら事故ります。

僕も一度やりましたが、近所のおばちゃんに当たりましたし、ヒヤリとしたこともあります。

なので、紙媒体での読書はおすすめできません。

後で説明しますが、Audibleというサービスで本を聴けるので、それがいいですね。

結論:歩きながら読書は最高

上記でデメリットを紹介しましたが、ご覧の通りそこまで大きなものではないですし、恩恵の方が大きいです。

なので僕は始めるべきだと思います。

以下で始め方を解説します。

歩きながら読書の始め方

僕が実践した方法を紹介します。以下をご覧ください。

  1. 読書する本を選ぶ
  2. 散歩しながら読書する時間を決める・固定する
  3. 読みに行く場所を決める
  4. 読む部分を決める



ではそれぞれ説明していきます。

読書する本を選ぶ

まずはここからですね。

基本的にはどんな本を読んでもらっても大丈夫なので、興味のある本を選んでみて下さい。

もし思いつかなければ

  • 自伝
    →著名人や社長の体験談を記した本



がおすすめです。

興味深いので誰でも取っつきやすいと思います。読書嫌いだった僕もここからはじめました。

※おすすめの本は以下で紹介します。

散歩しながら読書する時間を決める・固定する

基本的にはいつでも問題ないので、都合がいい時間帯を選んでもらえればOKです。

ただ、上記でも触れたように、朝に歩きながら読書をすると生産性が上がりますので、個人的には朝をおすすします。

そして時間が選べたら、その時間を固定してあげて下さい。

ルーティン化することで習慣化しやすくなりますので。

ちなみに僕は毎日、朝8:30からという感じです。

補足:頻度は好きに決めましょう

僕は散歩が好きなので毎日やっていますが、別にどんな頻度でも大丈夫です。

皆さんの好きな頻度でやってもらうのが、継続できるし、楽しめます。

ただ、週一を切ると3日坊主になりやすいかなと思うので、それ以上にしましょう。

読みに行く場所を決める

こちらも上記と同様、どこでもOKです。

僕の経験上、自然のある場所へ歩きに行くと読書も散歩もはかどるので、川沿いがおすすめです。

読む部分を決める

どれだけ散歩するかにもよりますが、手始めに1章でいいかと思います。

大体の本で、1章だけなら20分以内で終わるので、継続しやすいです。

僕も1章だけ読むようにしています。

Audibleが歩きながらの読書に最適です

冒頭でも少し述べましたが、Audibleは、本を朗読してくれるサービスです。ラジオみたいな感じですね。

僕はこれで内容を聴きながら歩いてます。

これならイヤホン付けながら歩くだけでいいので、人にぶつかったりせずに安心です。

他にも、

  • 歩きながらでも両手が空いて便利
  • 自分で読むより早く情報収集できる
  • 金銭的にもお得
    →月額1500円で好きな本が1冊無料で、読み放題のものも多数
    →初月は無料なので気に入らなければ、その間に退会してもらえれば、お金はかかりません
  • 散歩以外の運動にも使えます
    →筋トレ・ランニング・etc…



という感じなので、歩きながらの読書には紙媒体の本よりも、Audibleの方が断然メリット大きめですよ。

特に金銭面はかなり得なはずです。本は1500円以上することが普通ですので。

ぜひAudibleで読書しましょう。登録は以下からどうぞ。

登録はこちらから


イヤホンはairpodsがおすすめです

基本的にはお持ちのイヤホンで問題ありませんが、個人的にはAirpodsがおすすめです。

  • ワイヤレスなので邪魔にならない
    →有線だと少し邪魔なので気が散ります
  • 音がいい
    →聞こえてくる音質が優しいのでナレーションに最適
  • 耳から落ちにくい



という感じで、散歩時は愛用していました。

特に、アマチュア作曲家の僕から見ても、音質はかなり良くて読書が楽しくなりました。

音声が読書の質を左右するんだな、と気付かされましたね。

なので皆さんもぜひAirpodsを試してみて下さい!


歩きながら読書をする際におすすめの本を紹介します

僕が読んだ中でよかったものを紹介していきます。

Audibleで皆さんが読書をするときに参考にしてください。

多動力


ホリエモンこと、堀江貴文さんが出版された本です。

とにかく動け、ワクワクしながら生きろ、ということが書かれているのですが、「人生を楽しみたい!」みたいに思ってる人にはぴったりです。

かなり勇気づけられます。

僕も散歩しながら胸熱な気分でニヤけてしまいました。(マスクしてたからセーフ)

人生がときめく片づけの魔法 改訂版



片付けのすばらしさ・整理術を勉強できます。

僕自身、片付けるのはかなり苦手で、自分の部屋は散らかり放題だったのですが、この本を読んでからはかなりマシになりましたね。

意識的に「片付けたいな…。」と思えてます。

部屋が汚い方、整理が苦手な方にはおすすめです。

砂糖の世界史


砂糖がどれだけ世界に影響を与えてるのか、というとことが知れます。

かなり分かりやすく、おもしろく書いてあるので、気軽に読めますね。

雑学系のことが好きな方にはぴったりです。

散歩・歩きながらの読書はメリットだらけなのでぜひ!

以上が散歩・歩きながら読書をするすばらしさに関するお話でした。

上記で述べたように、いい効果が沢山ですので、気軽に挑戦してみて下さい。

もし「なんか違う。面白くない。合わない。」と感じれば止めてもらえればいいだけですので。

新しいことを始めるのは皆さんのプラスになるはずですよ!

そして、繰り返しにはなりますが、歩きながらの読書にはAudibleのサービスがおすすめですので、ぜひ利用してみて下さい。

もう一度登録リンクを張っておきます。

Audibleへの登録はこちらから



最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA