初心者の選ぶべきダンベル重さは何キロがいいのか結論を出します!!

筋トレ初心者だけどダンベルの重さは何キロがいいのかな?選ぶときは何に注意すればいいの?



こういった疑問に答えます。

この記事の内容
・初心者が選ぶべきダンベルの重さ
・ダンベルの選び方
・その他知っておくといいいこと



なお、この記事の執筆者である僕は筋トレ歴が3年で、ダンベルトレーニングを週3でしております。

なのでそれなりに有意義な話ができると思います。

初心者が選ぶべきダンベルの重さ

結論、目的によって変わります。以下をご覧ください。


  • ダイエット(女性)→10キロ以下
  • 細マッチョ→10キロ
  • それなりのマッチョ→20キロ
  • ゴリゴリのマッチョ→30キロ以上



こういう感じです。

では詳しく解説していきますね。

女性のダイエットなら10キロ以下でOK

痩せるだけなら十分効果が得られるでしょう。

僕の友達でダンベルを使ってダイエットしてる人がいますが、全員10キロ以下を使用して問題なく痩せれていました。

なお、痩せつつ筋肉も付けたい人は10キロ以上を買わないとダメですね。さすがに軽すぎます。

ダンベルの重さは筋肉の大きさ

ここからは筋肉を付ける目的の方のための話です。

タイトルにもあります通り、筋肉の大きさと扱える重さは比例していきまして、

  • 細マッチョ→10キロ扱えれば到達
  • それなりのマッチョ→20キロ扱えれば到達
  • ゴリゴリのマッチョ→30キロ以上扱えれば到達



このようになります。

高重量を扱えるほど筋肉が大きくなっていく感じですね。

なお、僕が10キロでトレーニングしてるときは以下の感じでした。




これ以上になって下の写真くらいのを目指すなら、20キロ、30キロが必須ですね。



こういう感じで、ダンベルの重さ=筋肉の大きさなので、自分のなりたい体型に合せて選べばOKです。

ただ注意点があるのでそれについて触れておきます。

注意①:目標は変わる

初心者の方だとピンとこないかもですが、筋トレをしてると体の変化が楽しくなって、

  • ダイエット目的→細マッチョを目指す
  • 細マッチョ目的→ゴリマッチョを目指す



みたいに目標が変わることがよくあります。

僕も思いっきりこのパターンでして、筋肉が大きくなっていくのが楽しくて、いつしかゴリマッチョ志すようになってました。

なので最初は10キロを購入したのですが、後に20キロを買いなおしました。

注意②:扱える重量は早めに増える

僕の経験上、


  • →6ケ月で15キロ到達
  • 二頭筋
    →4ヶ月で10キロ到達


という感じでした。

人によってはもっと早いかもしれません。3ケ月とかもあり得ると思います。

なので、下手したら3ケ月くらいで買いなおすことも、あり得ますね。

それを踏まえたうえで、僕は以下の様に結論を出しました。

結論:ダンベルは20キロか30キロを買っておくといい

もし、「細マッチョしか目指さない!」という風に確固たる意志をお持ちであれば、素直に10キロでいいと思います。

ですが、もし皆さんが

  • とりあえず筋トレを始めたい
  • 何となくボディーメイクに興味がある
  • なんとなくカッコいい体型になりたい



という感じでしたら、僕は20キロか30キロを買うことをおすすめします。

後で説明しますが、重めのダンベルはプレートを付け外しして重量を変更することが可能です。

なので10キロ、3キロ、20キロみたいに重さを変えられます。

これなら、どの目的の重さにも対応できますね。そして何年も買い替える必要がありません。


なので、まずは20キロか30キロを買えばOKです。

【初心者向け】ダンベルの選び方

いいダンベルの条件→可変式ならOK

可変式、要は「重さが変更できるダンベル」なら、筋トレに問題なしです。

上記でも言ったように、重さが変わるので幅広い重量に対応できるため、何年も買い替えなくていいですね。

そして、自分に合った重さでトレーニングできるので、成果も出しやすいです。


逆に可変式じゃないと、「重さが変わらない=重すぎor軽すぎて成果が出ない」、となりますので注意です。


なお、使いやすさとか素材も気になるかもですが、買うまで分からないし、トレーニングにもさほど影響しないので、気にしなくても大丈夫です。

とりあえず可変式ならダンベルとして合格です。

値段で買えそうなものを決めましょう

正直なところ、どのメーカーのダンベルも機能的には大差はありません。そもそもただの「重り」ですからね。

断言しますが、基本的にどのメーカーのを選んでも成果が出せます。

僕自身、最初は3500円くらいの格安ダンベルで筋トレして細マッチョになれました。

ただ、値段が上がる方がトレーニングはしやすくなります。

ダンベルが使いやすかったり、トレーニングマニュアルが付いてます。



自分の予算で買えそうなものを買えばそれでOKです。

なので、まとめますと

選ぶべきダンベル

     

  1. 自分の目的合った重さ。迷ったら20か30キロ。(女性でダイエットなら10キロ以下)
  2. 可変式である
  3. 自分の買えそうな値段である


を満たしたダンベルを選べばOKです。

ダンベルを試したい方へ

以下の記事でいいダンベルをまとめておきました。

【厳選・コスパ最強】筋トレにおすすめのダンベル4選【筋トレ歴3年の僕が選ぶ】



筋トレ歴3年の僕がは10社以上のダンベルを使ったことがあるのですが、その中から厳選しました。

コスパも重視してます。(3500円~)

なお、重さやメーカーで悩む気持ちも分かりますが、その時間は少しもったいないです。

始めないと痩せないし、健康にもならないし、筋肉も付かないです。

大事なのは「筋トレを始める」ことです。

ダンベルの重さと選び方以外で知っておくべきこと

初心者の方向けに気を付けるべきポイント解説します。

  • グローブ・ベルトもあった方がいい
  • 筋トレ・ダイエットの知識も必要



では説明していきますね。

グローブ・ベルトもあった方がいい

怪我防止のためです。

やはりダンベルは重いので、体、とくに手首・腰への負担は大きいです。

僕の経験上、無いと普通に手や腰が痛くなります。そればかりかぎっくり腰にもなりました。

最悪です。(笑)

怪我をしてしまっては元も子もないなで、グローブとベルトも合せて購入しておくことをおすすめします。

筋トレ・ダイエットの知識も必要

これはダンベルとは無関係ですが、皆さんに筋トレ・ダイエットの知識は必ず必要です。

いくらダンベルを買ってトレーニングしても、知識がないと痩せないしマッチョになれません。

僕も知識なしでやってたころはガリガリのままでした。

なので、できればダイエット・筋トレに関する知識も付けるべきです。

具体的には食事・トレーニングの知識が必要です

この2つが揃って初めてダンベルトレーニングの効果が発揮されます。

以下の2冊の本を読めばOKです

  • 筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
  • 北島式筋トレ塾 最短・最速で究極の身体をつくる



上記が食事、以下がトレーニングの本となります。

もちろん僕も読みましたが、上記の2冊を読めば、筋トレ・ダイエットに必要な知識がほぼ網羅できるな…という印象です。

初心者の方にはもってこいですよ。

以下の記事で解説してるので、詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。

【厳選】筋トレ・ダイエットにおすすめの本6選


以上、初心者の人におすすめのダンベルの話でした

以上がダンベルの重さは何キロがいいのかという話でした。

正直ダンベルって少し高いのですが、見た目が変わるし健康にもなるしと、メリットの方が大きいです。

変な話、僕もダンベルトレーニングを始めてからの方が、モテてます。笑(自画自賛ごめん。)

値段以上の価値があり、投資としては悪くないです。

ではこの辺で今回は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA